ENTRY
CONTENTS MENU

先輩メッセージ message

メイン先輩イメージ
2019年入社 <中途採用>
安定剤事業部 営業部
T.M
先輩画像

丁寧な育成システムがあって安心でした

私は中途入社で、前職は塗料メーカーの営業をやっていました。取り扱う商材は違いますがどちらも化学系なのは、子どもの頃から理科が好きで、大学でも化学を専攻していたことが理由です。ものづくりの中で切り離せない化学という存在に魅力を感じていました。
今では営業職として既存のお客様へのフォローが主な業務です。日東化成は錫系安定剤で国内トップシェアなので、その強みをいかしてお客様の要望をしっかりと聞き取り、それを形にしていきます。入社当初は3ヶ月間の社内研修を経て、工場や技術部門の知識を学びました。そこから配属、OJTを経て現在のようにお客様を担当するようになりました。とても丁寧な育成システムなので、無理なく今の仕事につなげていくことができました。
この仕事を目指している方に伝えたいのは、「大きな流れ」への理解の大切さですね。海外から原料を輸入してそこから必要なものを精製するというのが化学メーカーの大きな流れです。これを肌感覚で知っておくと、実際にこの仕事に携わるようになったときにスムーズに入っていけると思います。

先輩画像

「こういうことにお困りでは?」と言えるようになりたい

私が取り扱っている安定剤は、建材や自動車、子どものおもちゃに至るまで、さまざまなプラスチック製品に利用されています。どれも日々の生活で必要不可欠なものばかりです。社会の中でも重要な役割を担っている製品に関わっているというのは、この仕事をする者としての充実感につながっています。
日東化成には大企業と違って「部署間をつないで調整する」といった役割の部署がありません。そのため、部署をまたぐ直接的なコミュニケーションがとても大切で、求められていると思います。仕事に対して真摯に向き合う人ばかりなので仕事を進めやすいですし、これは働いている私たちだけでなく、対外的な強みにもなっているなと感じます。お客様が抱えている課題を深掘りしたものを社内に持ち帰って、それをうまく社内で連携しながら解決できる提案をしていけるような仕事ができるようになっていきたいと思っています。「こういうことでお困りではないですか?」とこちらか聞けるようになれば、自分の中では合格点ですね。
私と同じように転職で入社することになる方も多いと思いますが、中途入社の人の比率が高く、「新人」に慣れている雰囲気があります。未経験の人や文系の人、この分野に全く知識がない人であってもしっかりフォローアップ、研修してもらえる仕組みが確立しているので、その心配は無用です。入社後の研修を通じて、しっかり戦力になっていける会社です。

先輩画像

営業マンはお客様と向き合ってなんぼの仕事です。できるだけお客様に直接お会いして生の声を聞き、そこで何を感じられるかを大切にしています。

先輩画像

お客様と社内の技術研究部門をつなぐのが日東化成の営業マンなので、社内で連携が欠かせません。皆さんとても真摯に向き合ってくれています。

先輩画像

どんなに素晴らしい提案であっても、それを正確に分かりやすく伝えることが大切です。これは自分の課題でもあるので、いつも工夫しています。