社員からのメッセージ|地球にやさしい化学品を研究開発しています。グリニヤール反応の日東化成。

社員からのメッセージ

総務グループリーダー 川渕 啓

総務グループリーダー 川渕 啓

わたしたち日東化成は、1954年に日本で初めて有機錫系塩化ビニル樹脂用安定剤の国産化を実現し、塩化ビニル工業の発展に大きく貢献しました。また有機ファインケミカルズでも独自製品を開発し、関連業界の発展に寄与してきました。わたしたちの飽くなき探究心と確かな技術力により生み出される製品が豊かな社会を創るための一翼を担っています。

就職活動という人生の岐路に立つ学生の皆さん、わたしたちが最も重要視することは、学生時代に専攻してきた分野での専門知識だけでなく、学生生活の中で学業以外にどのようなことに打ち込んできたのか、またどのような人とふれあい、何を経験してきたのかです。その経験を通して得たものが多い人ほど、わたしたちの望む人材といえます。自ら考え行動してください。何事にも失敗を恐れずチャレンジしてください。そして友達や仲間を増やしてください。そうすれば自ずと未来が拓けてくると思います。

世の中、たくさんの情報が飛び交う中、自分が何をしたいのかを探すのは大変だとは思いますが、自分自身でさまざまな会社と真正面から向き合い、進むべき道を探し出してください。その結果として、わたしたち日東化成が皆さんの選択肢の中に入っているならば大変嬉しく思います。皆さんの就職活動の成功を祈っております。

若手社員より

●技術研究職
■浜浦信之(2004年入社)船底防汚事業部 技術グループ 所属
入社してから今までを振り返ってみますと、ラボでの合成・分析から、海洋での評価試験、工場での実機対応、特許対策・顧客対応まで、商品化のための一貫した流れを自分の身をもって経験することができていると思います。当然苦労する事もありますが、これらの経験により、あるモノを商品化するという事は、個人の力だけでなく、全ての部署が一丸となって初めて達成できるものだと肌で実感しています。日東化成では、その全ての部署の人たちと気軽に深いコミュニケーションがとれる環境が整っていますし、商品化に必要な技術・知識の全てに触れることが可能です。

このような環境のおかげで、「これをすれば問題解決するのではないか」とか、「こういう事をすれば面白いのでは」というアイデアが年々多く浮かんでくるようにはなったと思います。そのアイデアがうまくいった時は嬉しいですし、やりがいを感じます。
私もまだまだ若く(つもり?)、勉強しなくてはいけないことも多いですが、さらに若く、活気溢れるみなさんと、この日東化成で一緒に働ける日を楽しみにしております。

2010年3月

■北村同(2002年入社) 船底防汚事業部 技術グループ 第2チーム 所属
私は入社から約8年の間に有機錫化合物の製造法検討、有機ケイ素化合物の受託製造、有機ケイ素ポリマーの共同研究、船底塗料向け新規加水分解性ポリマーの開発など、既存事業の新製品開発だけでなく、新規事業の開発案件にも携わるなど、技術者として幅広い経験をさせていただきました。

日東化成は化学メーカーとしては小規模です。研究・技術部門においても決して人員が豊富とは言えません。ですから、技術者の業務は特許・文献調査から標的化合物の合成、分析・評価、特許明細書の作成、工場での試作製造、本製造の立会い、お客様とのやり取り等、多岐に渡ります。実験室から製品の初出荷まで、製品を最初から最後まで面倒を見ることができることは小規模メーカーならではの経験ではないでしょうか。

また、仕事は与えられたテーマをこなすだけでなく、自分が面白いと思ったテーマを上司に提案できる環境であり、チャレンジ精神を持って開発に臨めば充実した技術者ライフを送ることができると思います。

最後に、就職活動は不安やうまくいかない事も多いと思いますが、そこでチャレンジ精神を持って臨む事が、社会人の第一歩だと思いますので頑張ってください。

2010年3月

■今倉康男 (2003年入社) 化成品事業部 技術グループ 所属
化成品事業部では、有機錫化合物を中心に取り扱っており、これらはシリコーン、ウレタン、ポリエステルの必須架橋剤で自動車、電子材料、建築資材等の分野で幅広く活躍しています。
私の所属する技術グループでは、新規開発をメインに現行製品の技術フォロー(製造法の改良など)、法規対応(MSDS作成)を行っています。

昨今のEUにおける錫規制により、ジオクチル錫化合物とジブチル錫化合物の扱いに差がつけられ、ジブチル錫化合物は生殖毒性カテゴリー2に分類されることを理由に厳しい規制を課せられました。我々はこの厳しい規制に対応するため研究を重ね競合他社に先駆けて『ネオスタンS-1』の開発に成功しました。一般的にジオクチル錫化合物の触媒活性はジブチル錫化合物に劣りますが、この製品はジブチル錫化合物に匹敵する触媒能を有しています。徐々に国内、EU域で認められ数量が伸びています。

この製品の開発にあたり100ml程度の少量スケールでの基礎実験、スケールアップ実験(2〜3L)、実機(500L)による試験製造すべてを技術グループは行いました。ここが大企業では味わえない良さであり楽しみではないでしょうか。一つの製品を仕上げるためには、様々な部署とのやり取りも重要で、営業グループ、製造グループ、品質保証チームと関わることで協調性を学び、みんなで力を合わせて一つの製品を作り上げていく大切さを実感しました。
また、自分の考えた化合物が世の中の為になる製品となり各国で使用される喜びは何物にも代えられません。

これから化学物質の規制はさらに厳しくなることが予想されますが、いち早く顧客のニーズに応えるべく研究開発に注力していきたいと思っています。

前向きでチャレンジ精神のある方、我々と一緒に業界をさらにリードする環境調和型の触媒開発に取り組みませんか?

2010年3月

■松木崇 (2010年入社)船底防汚事業部 技術グループ 第一チーム所属
私は今年度入社した新入社員です。日東化成に入社すると、まず新入社員研修が始まります。ラボや尼崎工場だけでなく、外部機関によるマナー研修、自衛隊の体験入隊もさせていただき、楽しく学ぶことができました。入社半年後のフォローアップ研修もあり、教育システムは充実していると思います。

現在は船底防汚事業部に所属しています。この事業部では、船舶の底に海洋生物が付着するのを防ぐための塗料原料を開発しています。私はまだ入社4ヶ月目ですが、すでにラボでのモノマー合成、ポリマー合成、塗料化や海洋浸漬試験など幅広い仕事をさせてもらいました。学生時代の専攻と異なる部分があり、不安もありましたが、アットホームな社風のため、先輩方はみな親身に仕事を教えてくれます。決められた同じ作業の繰り返しではなく、自分の手で作ったモノを最初から最後まで見ることができるのが魅力です。今は技術者として早く戦力になり、日東化成から新しい製品を世の中に送り出したいと思います。

日東化成で一緒に新製品の開発に携われる方をお待ちしています。
■林秀樹 (2000年入社) 安定剤事業部 技術グループ所属
私は現在、安定剤事業部技術グループに勤務しています。

安定剤事業部では、主に塩化ビニール樹脂に使用する有機錫安定剤を中心に取り扱っており、製品を納めているユーザーへの技術フォローや、安定剤の改良や新規開発を行っています。

私も入社して10年になりますが、入社当時は尼崎工場の製造グループ勤務でした。その後尼崎工場の品質保証チームへ配属となり、今の安定剤事業部技術グループに配属と言う経緯を持っています。一見何の繋がりも無いような印象を受けますが、実際に現場で働いていた頃の経験や設備等の知識を品質管理で生かし、それを含めた尼崎工場で養った経験は今の安定剤技術グループで生かされています。
入社当時は、10年後に技術の仕事をしているとは全く予想していませんでした。慣れない事が多い中、配属先の先輩方に暖かく迎えられ、ここまでの10年が本当にアッと言う間でした。
私が知る範囲でも、他の部署へ異動され活躍されておられる方も大勢いらっしゃいます。
やる気次第で色々な事にチャレンジさせてもらえるのが、日東化成の強みだと私は思います。
■中川侑哉(2011年入社)化成品事業部 技術第2グループ 所属
●社内の雰囲気
日東化成は、日本国内においては拠点が2ヶ所だけ(大阪と尼崎)で、それほど規模が大きくないので、社員全員に顔と名前を覚えてもらえて、誰とでも話しやすい環境です。私は今は大阪勤務ですが、半年間、尼崎に勤務したことがあり、その際も、皆さん気さくに話しかけてくれました。また、フットサル・料理・中国語・釣り・ゴルフのサークル活動も充実しており、社員の交流が盛んです。
そんな中でも、仕事とプライベートがはっきりしていて、良い意味で干渉することがなく、めりはりのある過ごしやすい環境です。
●職場の自慢
研究する上で必須の、GC, HPLC, IR, 熱分析等の分析機器のラインナップが豊富で、さらに今後、NMRも新たに導入予定で、技術投資を惜しまない点や、大学とのつながりも多くあり、産学を行き来することができる点など、研究者として働きたい人にとっては、申し分ない環境です。
 また、学会やセミナーへの参加は基本的に自由であり、自分の意欲次第で幅広い勉強ができます。さらに、社内では半年に一度、TOEICの試験も開催され、成績上位者には報奨金が出たりと、語学教育も盛んです。
●将来はどんなことに挑戦したいか
これまでは幅広い分野で、有機スズ化合物が用いられてきました。しかし近年は、環境安全の観点から、一部の国では一部の有機スズ化合物に対して用途規制が設けられるようになりました。現在、有機スズ代替というのは一つの大きなテーマですが、ほとんどの分野で、満足のいく代替品はまだ発見されていません。我々若手の世代にとっては、これはピンチであると同時に、大きなチャンスです。そこで今後は、有機スズ代替である他金属種の開発さらには金属以外での応用と、視野を広げて多くの分野に挑戦して行こうと思います。会社の将来をかけて、私自身が、その新しい道を切り開いていきたいです。
■金城弘幸(2011年入社) 化成品事業部 技術第1グループ 所属
●現在の仕事内容
私は、製品の技術的なフォローや新規触媒の開発を行っています。製品の技術的なフォローについては、製品の改良検討や分析業務など、様々な仕事に携わっています。新規触媒の開発については、主にシリコーン架橋用触媒、ウレタン重合用触媒、エステル化反応用触媒をターゲットとして、より効果的でより環境にやさしい金属触媒の開発に取り組んでいます。お客様から依頼のあったサンプルを実際に実験室で合成し、お客様に評価していただくこともあります。様々な仕事を同時に進めることも多く、大変に感じることもありますが、多くの知識を学ぶことができ、成長を実感することができます。
●仕事で苦労したこと
現在所属している化成品事業部では、守備範囲が非常に広範囲にわたるので、一人でいくつもの仕事をこなす必要があります。例えば、新規開発の案件と既存製品のフォローを同時に進めることがあります。私が新入社員だったころに苦労した点は、仕事の優先順位のつけ方でした。特に、経験の少ない分野などは、仕事の進め方、仕事の処理のスピードも未知数の状態であったため、優先していた仕事が進められず、その間に別の仕事が舞い込んできて、どちらを優先するか迷うという経験をしたこともありました。そんな時でも、先輩や上司に手伝っていただいたり相談に乗っていただいたりして、少しずつですが仕事を前に進めることができました。
●入社を決めた理由は
日東化成は、錫触媒をはじめ、様々な金属触媒を開発している会社です。私は学生時代、有機金属化学の研究を行っていたので、日東化成であれば学生時代に学んだ経験を生かせると思い、入社を決めました。いざ入社してみると、教育や研修制度が充実していて、自分を成長させる場所としては最高の環境だということを実感しました。また、社員を大切にする社風であり、福利厚生が充実していて、大変居心地がよい会社だと感じています。
■武内良樹(2011年入社) 安定剤事業部 技術グループ 所属
●現在の仕事内容
安定剤事業部は、塩化ビニル樹脂に添加する有機錫安定剤を中心に取り扱っています。技術グループでは、ユーザーへの技術フォロー、製品改良、新規開発を行っています。メインの仕事は、お客様のご要望に対して、多数の安定剤の中から最適な組み合わせをご提案することです。安定剤の性能評価を行うために、塩化ビニル樹脂に安定剤を混ぜ、ロールと呼ばれる機械を使用しシートを作成します。そのシートで種々の試験を行い、性能の評価を行います。提案の際には営業グループに同行し、技術的な説明を行うこともあります。入社1年目からお客様と接する機会もあり、お客様から直接いろいろなお話を伺うことができ、良い経験となっています。
●入社してよかったこと
日東化成は、教育・研修の機会が充実しています。新入社員研修では、各部署の説明や、新入社員が計画を立てて実施するハイキング、大阪・尼崎工場での製造研修等があります。社内だけでなく外部機関での研修もあり、マナー研修や自衛隊研修に参加しました。
 また学会やセミナーも、積極的に手をあげれば、基本的に参加することができます。他にも、英語研修生制度というものもあります。英語の能力や熱意によって、英会話学校の授業料を会社が負担してくれる制度です。新しい知識に触れる機会も多く、自分の能力を伸ばす場がたくさんあり、意欲を持って働く我々社員にとって最高の会社だと思います。
●将来はどんなことに挑戦したいか
技術・研究職として働いていますのでやはり将来的には他社にない新製品を開発したいと思っています。近年、環境安全の観点から、様々な物質に対し規制が設けられています。その流れは今後も変わらないと思われます。そのため、今後開発される製品は環境安全面で優れていることは絶対条件であり、環境安全「+α」が求められるようになってくると思います。私は入社2年目ですので、まだまだ分からないこともたくさんあります。ですが、いろいろなことを勉強し吸収し、いつかは「性能が優れている」、「価格が安い」等、いろいろな「+α」を持った製品を開発できるよう、今後も日東化成で成長していきたいです。
●製造職
■瀬島健太 (2003年入社)製造グループ 尼崎工場 製造チーム 所属
私は現在、尼崎工場で製造グループに所属し、主に船底防汚塗料用樹脂の原料の製造を担当しています。
工場は現在3交替勤務で、月曜日から金曜日まで24時間体制で継続的に製造しており、少人数で1つの工場を動かすことにやりがいを感じています。

日東化成に入社したら危険物取扱者、ボイラー技士、フォークリフト等の資格も数多く取得することができます。
「人と技術の日東化成」をスローガンに掲げる日東化成は、人間関係も良く、上司や先輩に恵まれ、仕事面だけでなく私生活でもよく相談に乗ってもらったりしています。他県からでてきた私にとっては、最初はとても不安でしたが、日東化成ほど自分を受け入れてくれる会社は他にはないんじゃないかと今は思っています。

この会社を通じて、仕事だけでなく人としても大きく成長できたと思います。

2010年3月

■眞庭貴彦 (2005年入社) 製造グループ 尼崎工場 製造チーム所属
私は入社して6年目になります。現在は船底塗料の原料の製造に携わっています。今の仕事は、三交替で、少人数で1つの工場を動かしています。一人一人が責任をもって仕事をしないとうまく回りません。集中しているせいか仕事時間が早く感じ、とても充実した日々を送れています。
やる気があれば評価してくれ後追いしてくれる会社です。資格など積極的に受けさせてもらえ、自分が頑張った分それに応えてくれます。
こういう会社はなかなかないと思います。
特殊な仕事であるため普段の生活では絶対に経験できないような作業ばかりです。興味のある人、やる気のある人、一緒に働いて共に成長し会社を盛り上げていきましょう。
一緒に働けるのを楽しみにしています。
■新田哲士 (2006年入社) 製造グループ 尼崎工場 製造チーム所属
私は今年で入社して5年目になります。今は製造グループで、船底塗料用原料の製造を行い、充実した毎日を送っています。
私が日東化成に入社して一番思ったのは、本当に日東化成に就職してよかったなぁということです。なぜかというと、一言で言うなら、人が良いからです。
私は高校卒業後、一人で岡山から出てきました。最初は毎日地元に帰りたくて仕方ありませんでした。そんな時に先輩や上司の方々に優しく、時には厳しくしていただき、今では絶対に辞めたくないって思えるようになりました。
いきなりですが、皆さんは仕事を続けていくうえで、何が一番大切だと思いますか?良い給料?楽な仕事?私が思うに、一番大切なのは人間関係だと思います。
人間関係がうまくいってないと毎日楽しくないし、辞めたいと思ってしまうし、がんばれないと思います。逆に、人間関係がうまくいっていると、どんなにつらい仕事でも、楽しくがんばれると思います。良い先輩、良い上司はお金では買えません。日東化成には良い先輩、良い上司がたくさんいます。
そのおかげで私は毎日仕事が楽しくて仕方ないです。しかも、良い先輩、良い上司というのは、人間的にも成長させてくれます。先輩方の教育のおかげで、責任感と実行力を身につける事が出来ました。違う会社に入社していたら、辞めていたかもしれません。
あなたも、こんなにも温かい人たちがいる日東化成で働いてみませんか。
■荒木俊光(2008年入社) 製造グループ 尼崎工場 製造チーム 所属
●職場の自慢
「技術の日東化成」と言われるように、日本で初めて有機錫系塩ビ樹脂用安定剤の研究に成功し、また、日本で初めてグリニヤール反応による工業的生産も開始しています。現在も、新しい研究開発がうまくゆくよう日々頑張っています。私は仕事をするにあたり、社員同士のコミュニケーションが重要だと思っています。日東化成では福利厚生に力を入れていて、自由に参加できるサークル活動が盛んで、ゴルフ、釣り、フットサル、料理、中国語があります。年1回の社員旅行、設立65周年記念では海外旅行にも行きました。2012年には、社員とその家族を集めて盛大に運動会を開催しました。こうした行事・活動を通じて、社員同士のつながりが深まっています。
●入社して良かったこと
私は、日東化成に入社できて本当に良かったと実感しています。それは、社員が皆、親切であり、何事も言いやすい楽しい職場だからです。様々な資格取得にも挑戦し、危険物免許、玉掛免許、フォークリフト免許、5トン未満クレーン免許が取得できました。免許が取れたことにより、仕事での視野が広がり、自分自身に力がついてきていることを実感しています。これからも色々な免許取得に挑戦させてもらい、もっと仕事での視野が広がるようにしていきたいと思っています。そして何より、素晴らしい仲間達に出会えたことが本当にうれしいです。
●社内の雰囲気
「社員の気持ちを大切にする」という経営方針があります。会社は、一生懸命に頑張る社員の気持ちを大切にし、一生懸命頑張る社員にとって今以上に温かい働きがいのある職場を目指しています。そのため、社員一人一人が生真面目で、一生懸命仕事に取り組んでおり、何よりも皆さん誠実です。中途入社した私でも、古くからいる社員の皆さんともすぐに仲良くなれ、仕事も親切に教えていただき、毎日楽しく仕事できています。社内はいつも明るく、人間関係も良く、作業もスムーズに進み、働きやすい環境です。自分たちが汗水を流して作り上げた製品が世の中のためになっていることに、やりがいを感じています。
■小谷和也(2009年入社) 製造グループ 尼崎工場 製造チーム 所属
●現在の仕事内容
私は2008年に入社し、現在尼崎工場で製造グループに所属し、船底防汚塗料用樹脂の原料を製造しています。少人数で大きな工場を動かしているので、一人一人が考えて動くことが大切で、チームワークが重要な仕事です。忙しい時はとても大変ですが、ひと仕事終えた時の達成感は大きなものがあります。他にも、機械の整備をしたり、自分の働きやすいように設備の改善を考えたりすることで、自分のスキルが上がっていくのを感じます。
●入社してよかったこと
私は、工業高校ではなく、普通科の高校を卒業して日東化成に入社したので、化学の知識がほとんど無くて、本当にやっていけるのか不安でした。しかし、日東化成の社員は良い人ばかりで、設備の仕組みや仕事内容についてとても丁寧に説明してくれ、また厳しく指導してくれたので、不安はすぐに解消されました。また、この会社に入社してから、危険物取扱者、フォークリフト等々、仕事に必要な資格を数多く取得させていただきました。やる気があれば、会社が万全の体制でサポートしてくれる環境ですので、どんどんチャレンジでき自分自身が成長できるところが、日東会社に入社して良かったと思うところです。
●職場の自慢
日東化成には現在、仕事とは直接関係のない数多くのサークルが存在します。私は、その中のフットサルとゴルフサークルに参加しています。フットサルでは、練習や大会に必要なすべての費用を会社が負担してくれています。また、サークル活動に積極的に参加することで、会社で仕事をしている時とは違った形で、様々なコミュニケーションをとることができます。サークル活動があるおかげで、色々な面で、充実感のある社会人生活を送れていると思います。ぜひ、あなたも日東化成のサークルに参加して、一緒に楽しみましょう。
■岩永竜太(2010年入社) 製造グループ 尼崎工場 製造チーム 所属
●現在の仕事内容
私は、入社して今年で3年目になります。尼崎工場の第8工場で勤務をしており、今は主に船底塗料の原料を作っています。
 交替勤務は少人数で忙しい時もありますが、上司の方がしっかりリードして下さって楽しく仕事ができています。私はまだ第8工場しか経験できていないので、将来的には一つでも多くの製品の製造に携わっていきたいと思っています。化学工場ということで「危険はつきもの」というイメージがありますが、日頃の安全教育や、上司からのアドバイス、設備点検などが徹底されており、安全に仕事ができる環境が整っています。
●社内の雰囲気
日東化成の経営方針にある「出る杭は歓迎する」という言葉の通り、若い社員でも色々なことにチャレンジさせてもらえますし、自分の意見も言えるので、すごく働きやすい会社です。
 小集団ゆえに社員同士のコミュニケーションもしっかり取れますし、上司の方とも気軽に情報の共有ができます。私は岡山県出身なのですが、社内には中国地方の出身の方も多く、入社当時からよく話しかけて頂いたおかげで、分からないことなども相談でき、楽しく仕事ができています。日東化成でしか働いたことはないのですが、こんなに上司や先輩に恵まれている会社は他にはないのではないか、と思っています。
●思い出に残っている出来事
福利厚生の一環で、ファミリー感謝デー、運動会などたくさんのイベントがありました。その中でも創立65周年で、海外旅行に全社員で行けたことが1番思い出に残っています。自分にとっては初の海外旅行でしたし、本社の方やインターケム(シンガポールにある製造子会社)の方と旅行をすることもこれまでは無かったので、普段話せない方とも親交を深められて、良い機会だったと思っています。会社に入ってから、こんなにたくさんのイベントを経験できるとは思ってもいなかったので、本当に良い経験が出来たと感じています。
■和田知也 (2005年入社) 尼崎工場 品質保証チーム
私は現在、尼崎工場の品質保証チームに所属しています。品質保証の主な仕事は工場で製造された製品、中間品の分析です。分析を誤ればその製品は不良品となり、ユーザーにも販売できず処理にも費用が掛かるということになってしまうので、分析者の責任は大きいのです。
言わば日東化成の品質は自分の手にかかっているので、どんな分析でも気を抜けないことにやりがいを感じます。
日東化成の品質を守り続けてくれる方の入社を是非ともお待ちしております。
●営業職
■恵藤学 (2008年入社) 海外事業部 所属
中途入社して以来、はや2年が経ちました。
日東化成の素晴らしいところは、充実の育成体制と、なんでもチャレンジできる社風です。私の場合、前職は大手の語学学校の営業職でしたので、扱う商品はこれまでと全く違ったものです。

入社後は1年以上にも及ぶ様々な研修が用意されており、安心して仕事に取り組めました。現場研修もあり、商品の特徴や工程をしっかり理解することができました。もちろん日々の勉強は続いています。

現在は、国内や海外の顧客のところに出向き営業活動を行っています。
営業といっても色々な知識が必要で、海外の法規についても勉強しています。

日東化成では、どんな仕事でも、自分でできることはどんどん任せてもらえます。
自分で考え自分で行動したい人は、本当に充実した時間が過ごせます。
我々の仕事は、日東化成の技術を世界にアピールすることです。
世界の舞台で、日東化成とあなた自身を「表現」してみませんか。 社員一同、お待ちしています。

2010年3月

●総務経理職
■稲山亮(2008年入社)総務グループ 所属
私が所属している総務グループは現在6名で構成されており、小規模集団なので、仕事内容は多岐に渡っています。

具体的には、採用業務、労務管理、給与計算、社員の教育研修の企画及び実施、社内情報システムの管理、契約書管理、社内ファシリティ管理、安全衛生業務、広報業務、福利厚生、各種行事の運営、その他、総務業務全般に携わっています。入社当初から、責任ある仕事を任されており、プレッシャーは感じますが、それがやりがいになっており、日々全力で取り組んでいます。

私が入社をして感じた事は、日東化成は何よりも社員を大切にする会社であること。そして、社員一人一人がやる気に溢れ、真面目で温かいということです。そういう社風だからこそ、中途入社した私でもすぐに溶け込めたと思います。

就職活動中の学生の皆様、就職活動は思い通りにいかない事の連続です。自分を信じて、忍耐強く取り組めば必ず道は開けます。頑張って下さい!
Page Top