社長ご挨拶|地球にやさしい化学品を研究開発しています。グリニヤール反応の日東化成。

社長ご挨拶

ご挨拶

略歴
1971年10月 大阪府吹田市に生まれる。私立 甲陽学院中学・高校を経て、1990年4月 京都大学 経済学部に入学。その後、長瀬産業(株)東京財務部門 勤務を経て、2001年3月 日東化成(株)に入社。以後、オランダ ロッテルダム駐在所長、インターケム社(在シンガポール)取締役、サンイースト商事(株)社長、海中防汚事業部長を経て、2008年4月より常務取締役、2010年4月より代表取締役社長。趣味はゴルフ、食べ歩き、海外旅行、読書、愛犬の世話。
たゆまざる技術開発こそが、私たち日東化成の存在意義。

数ある化学メーカーの中で、日東化成のホームページにお越しくださいまして有難うございます。
創業者 勝村龍雄により日東化成が産声を上げてから、早や60年が経ちます。

私たち日東化成が、1947年の設立以来60有余年の長きにわたり、数々の試練を乗り越えて今日を迎えることができましたのは、お客様および関係各位の終始変わらぬご愛顧・ご支援があったからこそと、感謝致しております。

錫化合物のマーケットリーダー

私たち日東化成は、1954年 日本で初めて有機錫系塩ビ樹脂用安定剤の研究開発に成功して以来、工業用殺菌剤・農薬原体・海中防汚薬剤・樹脂架橋触媒・ガラスコーティング剤等、様々な用途に向けて様々な錫化合物を技術開発・用途開発して参りました。そして現在、日本最大の錫化合物総合メーカーとして、環境安全と法令遵守に細心の注意を払いつつ、高品質・高性能な製品群を安定的に供給しております。

有機金属合成のスペシャリスト

私たち日東化成は、1958年 日本で初めてグリニヤール反応による工業的生産を開始して以来、半世紀を超える有機金属合成の実績と技術力を蓄積して参りました。1990年代以降は医薬中間体や精密電子材料等も手がけ、様々なファインケミカルの生産実績を積み重ねております。

海中防汚技術のパイオニア

私たち日東化成は、1966年 世界で初めて有機錫系船底防汚塗料用ポリマーの研究開発に成功し、世界の船舶塗料市場を席巻しました。また1991年、世界で初めて有機ケイ素系船底防汚塗料用ポリマーの研究開発に成功し、世界最高性能であるという評価が市場で確立されております。

このように、1947年の設立以来、日東化成の歴史はまさに技術開発の歴史です。当社のような中小規模の化学メーカーは、技術開発なくして存在価値などありません。国境を越える熾烈な大競争時代にあって、技術開発なくして将来などあろうはずがありません。

日東化成の経営理念は、「世の中の為になる会社(もの)のみが存続を許される。われわれは、世の中の為になるものを創造(つく)る。」です。

「より高性能の」「より高品質の」「より低環境負荷の」原材料を研究開発し供給することで、私たち日東化成は、産業の発展を支え、地球環境保全に貢献して参ります。日東化成の社員一人一人が、この地球上に生を受けた70億人のうちの一人として、日東化成での仕事を通じて世界人類に貢献し、その小さな足跡を残したいと心から願っております。どうか私たちに、そのチャンスをお与えください。

お客様および関係各位におかれましては、今後とも私たち日東化成に一層のご愛顧・ご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

Page Top